不正アクセスの記録にご注意

ネットショッピングでカード情報を登録しても大丈夫?

ネットショッピングで怖いのは、不正にアクセスされてカード情報を盗まれたり、勝手に何かを買われてしまうことですよね。

 

そのため、ネットでショッピングをする時(オンラインショッピングと同じ意味)には、クレジットカード番号やパスワードなどのクレジットカード情報を登録しない方が良いです。

 

ショッピングのたびにカード情報を入力するのは面倒ですが、情報が登録されていると、万が一情報が流出した時に怖いからです。

 

ただし、カードのショッピング限度額を低めすれば不正利用された場合にもそれ以上は使えませんし、普段から利用履歴をチェックする習慣をつけておくなど対策をしておけば、登録をしておいた方が断然便利ではあります。便利さと安全面のどちらを優先するかで決めて下さい。

 

 

たとえば、Yahoo!ショッピングや楽天市場での買い物は、他のサービスと紐づいています。

 

「他のサービスと紐づいている」とは、Yahoo!メールや楽天ブックなどの、ショッピング以外のページを利用している時に、どちらも共通のアカウント(IDともいう)&パスワードでログインできることを意味します。

 

ありがちなのが、メールアドレスをログインアカウントに設定していることです。

 

メールアドレスというのはいろいろな所から入手可能です。そして世の中にはたくさんのメアドリストが出回っています。

 

だからアドレスをログイン画面のアカウント部分に入力して、適当な英数字の組み合わせをパスワードとして試せば、うまくログインできてしまうことがあり得ます。

 

 

実際にあった事例をこれからご紹介します。

 

 

 

送られてくる『ログインアラートメール』に助けられた

 

楽天カードを利用している自分は、楽天トラベルでホテルを検索したり、楽天市場でよく買い物をします。
すると、カードを利用した時や楽天のサービスを利用した時にはお知らせメールが届くのです。

 

普段あまり気にしていないので読み流しているのですが、ある日、毎日のようにログイン履歴が送られてきました。

 

↓拡大します

 

 

普段たくさんのサイトを見ますので、いちいち楽天にログインしたかどうかなんて覚えてなかったのですが、これは明らかにおかしい!

 

ということで、今度は自分の管理画面(マイページ)にログインし、確認してみました。

 

 

やはり怪しい履歴となっていました!

 

そこで私は速攻、メールアドレスにしていたアカウントを適当な英数字の組み合わせに変えました。

 

幸い、それ以降は不審なアクセス履歴は見られなくなりました。

 

 

楽天カードは自分からマイページにアクセスしなくても毎回メールでお知らせしてくれるので、その点助かります。

 

 

 

 

※楽天カードの詳細については⇒こちらの記事もご参照