三井住友VISAデビュープラスカードのメリット

三井住友VISAカード デビュープラスのメリット

 

★三井住友VISAカード(デビュープラス)

デビュープラスのイメージ




TVCM放映中の18歳~25歳限定カード。

 

 

カードを作った最初の年は年会費無料
次の年からは、前の年に1度でも使っていれば無料となる。

 

 

メリットのまとめ&おさらい

 

 

社会的信用性

 

銀行系のカードは世間的に高い信頼がある。

 

そのため銀行系のカードは審査が厳しいことが多く、就職後にカードを作ろうとすると、落ちてしまうことがある。

 

しかし学生カードを使っていると利用実績ができるので、審査のハードルが低くなる。(たいていの場合、自動で普通カードに切り替え)

 

就職難で安定した就職先が見つからない可能性もあるので、学生のうちに社会的信用性の高いカードを作れるのは大きなメリット。

 

 

また、前年に1回でもカードを利用していれば年会費はタダ、つまり、実質的には毎年無料で利用できるので、就職時にあせって解約を考える必要はなし。

 

 

ポイントの還元率 

 

このカードは、ポイントが通常カードの2倍

 

三井住友カードVISAカードは、通常 1,000円で1ポイントだが、デビュープラスでは2ポイントがもらえる。

 

これは他の平均的なカードと比べても2倍の還元率。

 

 

 

しかも入会から3ヶ月間は5倍で、その還元率はなんと2.5%!

 

 

 

カードの見た目

 

見た目と言ってもデザインの話ではなく、どこと提携しているカードか?という話。

 

クレジットカードにはたくさんの提携カードがある。

 

提携カードのイメージ図

 

 

そのため、たとえば西武系列の店に行った時に東急系のカードを出すのは、モスバーガーで

 

「マックシェイク下さい!」

 

と言ってしまうような気まずさがあって、なんとなく使いにくい。

 

 

その点、このカードならどこの店でも堂々と支払いができる。

 

やっぱり、提携カードではないカードは、将来的に一つは持っておきたい。

 

 

 

※「一人暮らし、世帯主、生計を同一とする」など申込でわかりにくい所は⇒こちら

 

三井住友VISAカード(デビュープラス)のデメリット

 

良いことばかりのようだが、三井住友VISAデビュープラス(学生)カードは学生限定カードのため、卒業後はカードの切り替えがある。

 

デフォルト(何も手続きをしない)だとプライムゴールドカードに移行してしまう。
そして、プライムゴールドカードは年会費がなんと5,000円もする!

 

更新時にはちゃんと案内が届くが、見落としてしまったり忘れる人も多いことを考えると、これはデメリットと言えるだろう。普通のカードが良ければ、年会費が1,250円+税のクラシックカードに忘れずに切り替えよう。(卒業時に解約も可)

 

三井住友VISAカード(デビュープラス)のまとめ

 

・入会キャンペーンが魅力!

 

・ポイント還元率が高い!(通常の2倍、入会後3ヵ月は5倍)

 

・ポイントの利用先が多い(マイレージ、Tポイントへの交換など)

 

↓詳しくはこちら