ポイント還元率のいいカードはどれだ?

クレジットカードを作るメリット~ポイント還元


クレジットカードを作るメリットとしては、やっぱりポイントがつくことが1番ですよね。カードで支払いをすると、利用金額に応じたポイントがつきます。




ポイント還元率の計算の仕方は、こうなります。

 

【例】1,000円払うと1ポイントもらえるカードで、1ポイント=5円で使える場合
ポイント還元率の計算イメージ

 

 

だから、5円÷1,000円×100=0.5%

 

このカードのポイント還元率は0.5%となります。

 

 

でも実際は、ギフト券なら「1,000ポイントで5,000円分と交換」、マイレージなら「10,000ポイントを10,000マイルに交換」、などのように説明に書かれているので、ややこしくてすぐに計算しにくいことが多いです。

 

 

【ポイントのつき方の例】

・200円につき1ポイント


・1回利用で1ポイント


・月に5,000円以上の利用で5ポイント


・リボ払いの利用で10ポイント

 

ポイント還元率の高いカード


ポイントの還元率は、通常0.5%前後ですが、中でも還元率が高いおすすめのカードはこれです。



楽天カード

年会費無料。100円で1ポイントつき、楽天市場ではそれが2倍になる。

 

ANAマイレージとの交換やが可能。

 

「旅行代金を楽天カードで支払えば」という条件はつくものの、海外旅行の傷害保険がつくのはメリット。

 

新規入会特典のほか、100~15,000ポイントものポイントアップキャンペーンがしょっちゅうある。


 

そして何より、ネットショッピングが超便利。

楽天市場で買い物する時、一度情報を登録すれば次からは欲しいものがあった時に5分~10分は時間を短縮できるので、会社員でも買い物は楽天と決めている人は多い。

 

さらにそこでポイントがまた貯まるので、好循環でお得な買い物サークルができる。



なお、学生専用のカードとして楽天アカデミーカードというのがありますが、こちらをわざわざ選ぶメリットは特にないので、普通のカードでいいでしょう。

 

※アカデミーカードだけの特典=以下の場合ポイントが3倍

楽天ブックスでの買い物(本、DVDなど)
楽天トラベルでの支払い(高速バスの予約など)
楽天ダウンロードでの利用(本、DVDなど)



 


※新規入会特典のポイントをもらうにはエントリーをお忘れなく!



 

 

 

このように、カードを作る時にポイント還元率が良いものを選ぶのは賢い方法ですが、ポイント還元率が良いカードは社会的な信用力が低めの場合も多く、会員数を増やしたいなどの他の目的があるケースが多いので、よく吟味しましょう。


 

カードを作る時にはポイント還元率にとらわれず、むしろ、ポイント還元については作った後でそのしくみをしっかり覚えておき、効率的な使い方をする方が良いです。

 

【例】500円以上でしかポイントがつかないのに100円単位でチマチマ買い物をしていたらムダになる。

 

 

※信用性が高いカードでポイント還元率が高いものは三井住友VISAデビュープラス