海外旅行保険がついているカードはどれだ? 

海外旅行保険つきのカード

 

年会費が有料のクレジットカードには、サービスとして海外旅行の傷害保険がついているものが多くあります。

 

そして、年会費が無料のカードでも海外旅行保険がついているものも、少しですがあります。

 

海外旅行で盗難にあったり病気になった場合に保険金がおりるのですが、その条件が無条件なものと、旅行代金をそのカードで支払った場合という条件つきのものがあります。



カードを作る時に「海外旅行保険が付いています!」という売り文句につられることはありますが、よく確認しないと、仮にそのカードが利用付帯だった場合には、「こんなはずでは無かった~!」と高額な費用を自分で払うことになりかねません。

 

 

無条件で保険が付いているカードを『自動付帯』、条件つきの場合を『利用付帯』と言います。



海外旅行保険は『自動付帯』なのか『利用付帯』なのか、必ず確認をしましょう。

 

 

 

海外旅行保険『自動付帯』(年会費無料)

 

 

 

 



 

※ただし↑こちらは女性限定カード。卒業後は年会費がかかる(条件を満たせば無料)ので、学生のうちに大いに利用しましょう。

 

 

 

海外旅行保険『利用付帯』(年会費無料)



 



「カードの補償じゃ足りない」は本当?

 

海外へ行く時に海外旅行傷害保険に入らないというと必ず、「カードの補償じゃ足りないよ」と言ってくる人が少なくありません。

 

ですが、そんなことは決してありません。

 

海外の病院代は高いと言われますが、実際ハワイで高熱を出した時の治療費はカードの保険で十分でした。

 

たとえばエポスカードを例に挙げても、治療費などで実際に支出した金額を最高270万円まで補償してくれます。海外では(日本人は)保険が無いので治療費はたしかに高額になりますが、それを全部カバーしようと思うと大変です。

 

ちなみに損保ジャパンで同じくらいの補償金額で保険料を見積もると、以下のようになります。

 

海外旅行保険付きのカード,自動付帯,利用付帯

 

 

 

海外へ行く度に保険料を掛け捨てで払うか、年会費無料のカードをずっと持っておくか?

 

私は毎回カードの補償(2枚分)で海外へ出かけています。

 

アミティエやライフカードは社会人になると年会費がかかりますが、前の年に一度でも使っていれば無料になるので、複数持っていると安心ですね。

 

 

⇒年会費が完全無料で海外の補償が得られるエポスカード