クレジットカードはどのようになしくみになっているか?

クレジットカードのしくみ(クレカの使い方)

 

クレジットカードのしくみ(使い方)はこのようになっています↓

 

 

 

買い物する時

 

レジでカードを提示。

 

必ず 支払い回数と金額を確認しましょう。聞き逃しがちですが、店員さんはちゃんと念押しをしています。

 

例:「お支払いは一括でよろしいですか?」
   「お支払い回数はいかがいたしますか(何回にしますか)?」

 

 

 

決済端末に暗証番号を打ち込み、「確認」キーを押します。

 

あるいはサインを求められます。紙にペンで書くサイン、液晶画面に書くサインがあります。

 


↑ワコム社のペンタブレット

 

 

どれであっても、控え(レシート状のもの)は忘れずにもらって下さい。

 

(詳しくは⇒クレジットカードの支払方法

 

 

お金は立て替えられる

 

カード会社がお店に立て替えをします。

 

これらはひと月分まとめて実行されるケースがほとんどです。

 

お店はクレカを使えるシステムを利用するメリットがあるので、カード会社に手数料を支払います。

 

クレジットカードが使えないお店は避けられますからね。

 

 

 

 

支払いはいつ?

 

カード会社に立て替えてもらったお金を支払います。

 

多くの場合、クレカを作る時に指定した口座から自動で引き落とされます

 

 

お金が引き落とされるのは、各カード会社で決められた引き落とし日です。
(各カードの締め日と引き落とし日は⇒こちらご参照)

 

 

そのため、実際に買い物をした日の約1か月後~2か月後にお金が引かれるケースが多いです。

 

利用明細(引き落とし日と予定金額のお知らせ)確認方法をメールによるお知らせとしていると、10日~14日前にメールが届きます。

 

ちゃんと口座の残高を確認しておきましょう。