初めてカードを作る学生におすすめのクレジットカード情報

クレジットカードと電子マネーはどう違う?

私たちが普段使っているPASMOやSuicaは電子マネーです。
しかし、このマークがついているクレジットカードもあるんです。

 

では、クレジットカードと電子マネーはどう違うのでしょうか?

 

電子マネーは交通機関で使えるものの他に、Edyなどが有名ですが、これらの電子マネーとクレジットカードの違いを見て行きましょう。

 

 

支払い方法の違い

 

それぞれの支払い方法は、原則として次のようになっています。

 

・クレジットカード=後払い

 

・電子マネー=前払い

 

 

クレジットカードはまず利用が先、その後、毎月決められた締め日(〇月〇日)までに利用した金額が、翌月、あるいは翌々月の指定された支払日(×月×日)に口座から引き落とされます。

 

引き落とされるまでの間は、実際には支払いは済んでいないことになります。その間にお金を集めれば良いので、支払いまでの猶予があります。

 

【クレジットカード】

□月□日…利用日
○月○日…締め日
×月×日…支払日

(詳しくは⇒こちら

 

 

一方で、電子マネーは、商品を購入する前にカードに必要金額以上のお金をチャージしておく必要があり、カードに残高が足りなければ商品は購入できません。

 

【電子マネー】

△月△日…カードにお金をチャージ
□月□日…利用日

 

 

 

上限額の違い

 

クレジットカードの限度額は、カード会社や申込者の信用度、利用履歴などによって違います。

 

十万円~数百万円、場合によっては上限がないケースもあります。

 

 

一方、電子マネーの場合は、これもカードの種類によって違いがあります。

 

SuicaやPASMOなどの鉄道系…上限2万円
Edy…5万円

 

 

 

サインや暗証番号の違い

 

クレジットカードを使う時には暗証番号かサインの記入が必要です。

 

一方、電子マネーはもう既にお金が確保されている(入金済)ため、暗証番号やサインがいりません。

 

暗証番号を忘れてしまったり、いちいちサインする面倒が無いのが電子マネーという事になります。

 

※クレジットカードも決められた金額以下(1万円以下など)の場合、サインなしでOKのケースはあります。

 

 

 

なお、冒頭で述べた電子マネーのマーク付のクレジットカード。これは電子マネーとしても使える上、クレジットカードとしても使え、電子マネーの残高が少なくなったら自動でクレジットカードからチャージされるもの(オートチャージ)です。

 

つまり、電子マネーだから使い過ぎずに済む!とはならずに、この場合はクレジットカードでの後払いとして積算されてしまうので、使い過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

 

 

↓電子マネー付クレジットカードの例

 

 

※このカードは、支払い時に「WAON」と「クレジットカード」のどちらで払うかを伝えます