初めてカードを作る学生におすすめのクレジットカード情報

デビットカードってなに?

 

「VISA~デビット♪」というコマーシャルを聞いた事がある人は多いと思います。
画面を見る限り、クレジットカードと同じように見えます。

 

デビットカードはクレジットカードとどう違うのでしょうか?

 

デビットカードのメリットやデメリットも考えながら見てみましょう。
(「デビッド」と間違われやすいですが、帳簿の借り方を意味する英語のdebitなので、「デビット」が正解です)

 

 

 

デビットカードもクレジットカードも使い方は同じです。ショッピング時にレジで端末機にカードを差し込み、情報を読み取ることで銀行口座から料金が差し引かれる仕組みです。

 

ただし、両者は支払いのタイミングに大きな違いがあります。

 

 

クレジットカードの場合は毎月締め日と引き落とし日が決まっていて、実際に買った(あるいはサービスを利用した)日より後で銀行からお金が引き落とされます。

 

クレジットカードの締め日と引き落とし日のスケジュール

 

 

一方、デビットカードの場合は利用すると同時に指定された金融機関にデータが送られ、照会(残高確認)されるので、残高が無いと利用できません。

 

つまり、デビットカードは銀行口座から直接、料金が引き落とされるのです。

 

 

現金やクレジットカードより有利?デビットカードのメリット

 

デビットカードは使い過ぎの心配が無い

 

クレジットカードと似ているデビットカードですが、「支払いが遅くなるんならクレジットカードの方がいいじゃん」と思う人もいるでしょう。

 

ですが、支払いが遅くなるからこそ、クレジットカードは使い過ぎてしまう危険性があります。
その点、デビットカードは銀行に残っている金額までしか使えない(残高が利用限度額になる)ので、後から来る請求額にビックリする心配が無いのです。

 

 

ポイントもたまる

 

また、「使い過ぎが心配なら現金でいいじゃん」と思いませんか?

 

が、デビットカードはクレジットカードと同じくポイントが貯められるのです。
何回か買い物をしているうちにたまったポイントを後で利用できるので、現金よりお得になります。

 

 

返済能力に関しての審査がないから高校生でも作れる

 

ご説明しているように、デビットカードは口座から直接お金が引き落ちるため、カード会社があらかじめ利用可能枠を設定する(信用を付与する)必要がなく、申込時に返済能力に関しての審査が無いのです。(暴力団などの反社会的勢力かどうか?などの審査はある)

 

だから発行も早く、学生さん(高校生も可)にはデビットカードはとても便利と言えるでしょう。

 

 

 

デビットカードのデメリット

 

良いことばかりのデビットカードかというとそうでもなくて、ちゃんと(?)デメリットもあります。

 

 

提携金融機関の口座が必要

 

デビットカードは即時決済なので、あらかじめ決められた金融機関の口座が必要になります。

 

だからデビットカードと提携している金融機関の口座を持っていなければ、新しく口座を開かなければなりません。(例:楽天デビットは「楽天銀行」、三菱UFJ-VISAデビットは「三菱UFJ銀行」など)

 

ただし、口座を持っていなくても申し込みはいっぺんにできるようになっているので、面倒はそれほどないでしょう。

 

 

年会費有料のデビットカードが多い

 

せっかくなら今持っている銀行と提携しているデビットカードが良いですよね?そして年会費はできれば取られたくないでしょう。

 

それなら、以下のように年会費が無料になるデビットカードを選ぶと良いでしょう。

 

 

↓23歳以下年会費無料のデビットカード(通常年会費:税込1,080円)
三菱東京UFJ-VISAデビット

 

 

※15歳(中学生を除く)~23歳までの間は年会費無料、24歳以上も年間10万円以上利用すると翌年も無料

 

※世界中のVisa加盟店で利用可能

 

※海外の「VISA」または「PLIS」マークのあるATMで現地通貨引き出し可能。
ただし、1回につき税込108円の手数料(+現地ATM利用手数料がかかる場合も)と、海外事務手数料として、取引金額の3.0%がかかります。

 

 

↓年齢不問 年会費無料のデビットカード