初めてカードを作る学生におすすめのクレジットカード情報

プリペイドカードは前払い でも「だから安心」ではない

 

プリペイドカードを知らない人はあまりいないかもしれません。
プリペイドカードは英語にすると「pre-paid」と書き、「事前に(お金を)支払う」カードをいいます。

 

代表的なプリペイドカードには、「Suica」や「PASMO」などがあります。皆さんもよく目にしますよね。

 

 

 

例えば5,000円分をSuicaにチャージしておけば、5,000円分はSuicaを使って買い物ができます。

 

そして残高がなくなってしまえば買い物もできませんし、電車に乗ることもできないので、必要であればさらにSuicaにお金をチャージすることになります。

 

 

それに対してクレジットカードは後払い。プリペイドカードのように事前にお金をチャージする必要はなく、引き落とし日に、締日までの指定期間分の合計利用額が引き落とされます。(引き落とし日と締め日は⇒こちらご参照)

 

 

「Suica」や「PASMO」は独特のデザインなのですぐにわかりますが、中には見た目ではほとんどわからないプリペイドカードもあります。

 

クレジットカードと同じようにマスターやVISAのマークがついていて、同じような色をしていたりします。

 

↓例:海外プリペイドカード

 

 

 

また、最近では、プリペイドカードとクレジットカードが一体となったカードも発行されています。

 

↓例:WAON付イオンカード

 

 

 

あるいはPASMOにしてもオートチャージ機能がついていると、せっかくのプリペイド方式なのに、クレジットカードのように使い過ぎてしまうことがあり得ます。

 

 

プリペイドカードは前払いだから安心とタカをくくらないように、使い過ぎには注意しましょう。