初めてカードを作る学生におすすめのクレジットカード情報

クレジットカード使用上の注意点

クレジットカードを使う時は、次の点に気をつけましょう。

 

 

引き落とし日までに利用額を口座に入れておく

 

1ヶ月に利用した金額は、管理画面(マイページ)にログインすると見れます。

 

残高が足りないことが続くと強制解約されることがあるので気をつけましょう。
(詳しくは⇒残高不足で督促された ご参照)

 

また、利用履歴を時々確認することは大切です。ちゃんと自分が使った記録だけになっているかを確認します。

 

知らない間にカードを不正利用され、身に覚えのない履歴が見つかる事がまれにあります。

 

多くの場合、カード会社が異変に気付いて確認の連絡をくれますが、気づいてもらえない場合もあるので、やはり自分でチェックする習慣をつけておきましょう。

 

 

リボ払いはしない

 

カード地獄にはまる道筋は、リボ払いがあげられます。

 

リボ払い自体はしくみを知って使う分には良いのですが、(参考⇒本当はおすすめしたいリボ払い専用カード)知らずに使うと支払いがふくらむので管理画面で確認しておきましょう。

 

カードによっては自動設定でリボ払いになっている場合があります。

 

 

 

よくわからない決済はしない

 

パソコンやスマホを使っていると、フィッシングサイトや強引な広告でうまく購入に誘導するサイトがあります。

 

特に「もうすぐクラッシュします」のようなメッセージで自社のソフトをダウンロードさせる悪質な手口が結構あります。

 

忙しい時やわからない時は一度画面を閉じて誰かに聞きましょう

 

ネットショッピング決済時の注意

 

ネットショッピングをする時には、買いたいものの個数や届け先などの情報を入力後、支払情報の中からクレジットカードを選び、そこへ カード番号(16ケタ)と有効期限(月/年、の順番)、名前(カードの名義・ローマ字)を入力します。

 

 

 

「セキュリティーコード」の下3ケタが必要な場合もあります。

 

セキュリティーコードとは、カード裏面に小さく記載してある番号です。

 

 

 

このようにクレジットカードはネットショッピングで簡単に使えますが、『ネットショッピング+クレジットカード決済』は感覚がマヒするため、一番危険な組み合わせです。

 

そこで、ネットで買い物をする時は、プリペイドタイプの ネット決済専用カードにするのも、使い過ぎを防ぐ良い手です。

 

 

<例>e-さいふ(三菱UFJニコス)