キャッシング枠はいくらにすればいい?

キャッシング枠ってどう設定するの?

 

クレジットカードを作る時、キャッシング枠の設定を選べるようになっていることが多いです。

 

キャッシング枠を設定するとは、キャッシングを利用できるようにするということで、つまりカード会社からお金を借りられるようにすることです。

 

街中のATMで銀行のお金と同じようにおろせるので、自分のお金のように勘違いしてしまいますが、これは立派な(?)借金です。

 

次にやって来る引き落とし日にカード利用額と一緒に引き落とされ、返済が完了します。

 

だからそれまでの利息はとられてしまいます。

 

 

たいした金額をおろさないから大丈夫…とは言えず、大変な危険があり得ますので、キャッシング枠は(特に学生さんの場合)設定しないことを強くおすすめします。

 

 

 

考えられる危険性や問題点は以下のようなものがあります。

 

 

残高不足になると記録に残ってしまう可能性がある

 

口座にお金が十分あれば問題は無いのですが、うっかりお金を入れておくのを忘れると、その記録が残ることがあります。

 

一度や二度ならたいして問題はないかもしれませんが、何度か続くと奨学金や住宅ローンが借りれないなどの問題が将来的に出て来ることがあります。

 

 

不正利用でお金をたくさん引き出されてしまう可能性がある

 

カードを落としたり失くした場合、万が一悪い人の手に渡ってしまうと、その日のうちに大金をキャッシングされてしまいます。

 

 

「キャッシング枠」で上限は定められていますので、もしどうしてもキャッシング枠を設けたい場合は、あまり大きな金額にしない方が良いでしょう。

 

 

意識しないうちに借金が積み上がってしまう可能性がある

 

サラ金の話を聞いたことはあるでしょうか?
一度借りると雪だるま式に借金が増えて行ってしまうのです。

 

カードのキャッシングでそこまでは行かないでしょうが、感覚的にキャッシングに抵抗がなくなってしまうのは非常に怖いです。

 

お金が苦しくなるとすぐ、「ちょっとキャッシングしようかなあ?」 となってしまわないように、始めから手を出さない方が賢明です。